美味しいことが好き

好きなものをたらふく食べたい!美味しいことは楽しいことだ!お店屋さんのも美味しいけれど、やっぱり家族でワイワイ一緒に作るのが、一番(*^^*) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

--.--.-- by oreganomama | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
旅行に行って何がしたいかといったら、やっぱり温泉でしょう♪

いいお湯に浸からなきゃ、旅の気分が出ないものね^^

温泉は旅行の醍醐味と価値を決める重要な要素である。


日本人ほど旅行と温泉をくっつけて考える人種は少ないのではないだろうか。
まだ子供の域である中学生さえ、温泉に行きたがる、根っからの温泉好きといえるだろう。

旅行に行ったら、自分が入ったくらいで溢れるような狭い湯には浸かりたくない。
混浴も旅行しただけのスリリングな楽しみが味わえそうだ^^

恥はかき捨てという主旨で、混浴で思い切り広いお湯に浸かってしまう!なんてステキそうだ。

旅行したいなぁ!

豪華客船の旅行に全然興味が抱けないのは、もしかして温泉が・・?(笑) 

スポンサードリンク

スポンサーサイト
日帰り温泉は、キャンプになくてはならない、欠かせないものである^^
私は人ごみが嫌いであるから、出かけるといってもGWなどの民族大移動するようなときには出かけるのは嫌いだ(笑) 

日帰り温泉の良いところは、なんといっても安い♪
そして、今では不況の影響や、宣伝効果もかねてだろうか、老舗の旅館でも日帰り温泉を受け入れるようになってきている。

日帰り温泉にしか入れに来ないような客は、客層が違うと言わんばかりに敷居の高かった旅館が、時間は厳守ながら、日帰り温泉を行うようになったのは実に喜ばしいことだ。

日帰り温泉とは、心にインプットするのに非常に効果がある。
日帰り温泉だから、身体を洗い流せればいい程度の銭湯レベルとしか考えていないわけではないのである。

日帰り温泉といえども、温泉につかった満足感は堪能したいのだ。

日帰り温泉で、心から満足したら、今度は宿泊したい!と願望する。
それが人の心理である。

日帰り温泉で、その旅館の企業体質や客あしらいなど、必ず見えてしまうものだ。

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。